けいぼーのブログ

早稲田大学に通いながら、メディア運営・IT企業勤務・ハンドボール指導者として活動している筆者のブログです。

【朝渋】鈍足ブロガーなので、高速でブログを書く秘訣をるっていさんに聞いてきた。

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20171102083155p:image

 

こんにちは、けいぼーです。

 

ぼく、ブログを書くのがものすごく遅いんですよね。

なので、書きたいことがあっても、情報の鮮度が落ちてしまって「これもう書かなくていいや」となってしまうことも多いんですよね。

 

そこで今回は、ブログ執筆が鬼のように早い、るっていさんのお話を聞いてきたので、シェアしたいと思います。

 

プロ無職・るってぃとは

f:id:keiboudiary:20171102113532j:image

全国を拠点にトラベルライフする情報発信のプロ。東京の家は畳2畳・ 家賃は0円
世界中のワーク・ライフスタイルを中心に発信中!

 

るってぃさんという方は、「プロ無職」という肩書きで活動されていて、

・airbnbメディア、airbnbの部屋運営

・働き方メディア運営

・旅メディア

・オンラインサロン運営

など、様々なことをされている方です。

 

これだけの仕事を高速で行ってしまう、るってぃさんにブログ執筆スピードを上げる秘訣を聞いてきましたよ。

 

記事の構成決定を圧倒的に楽にするのは、twitter

 

まずは、イベント・本の書評を書く時などに使える、ブログ執筆スピードの上げ方について。

 

それは、twitterを活用するということ。

 

twitterを活用すると、

「あの記事どういう風に構成しよう」

「構成作るの難しいな〜」

という風にならずに、記事の構成決定ができます。

 

なぜなら、twitterでの140字という制限のおかげで、大事なメッセージだけをつぶやくことができるからです。

 

自分が情報をインプットするときに、twitterでアウトプットをしておくことによって、自分が学んだことの140字という制限のもと大事なメッセージをつぶやいておき、ブログでそこに補足をする。

 

ぼくもこの記事で早速取り入れています。(笑)

 

執筆スピードを上げるために、作業の細分化をする

 

ブログを書くのが遅いと一口に言っても、

「構成決定に時間がかかる」

「画像の編集にこだわりすぎてしまう」

など、記事執筆スピードを遅くしていることは人によって様々です。

 

そこで、記事執筆スピードを上げるために、記事執筆までの作業を細分化して、

「自分がどの作業で時間がかかっているのか、またどの作業なら自分の作業スピードを早められるのか」を考えることが重要だとおっしゃっていました。

 

ぼくの場合ですと、リサーチや記事執筆そのものが遅いので、そこを早めるのが今後の課題です。

 

みなさんも、ブログ記事執筆作業を細分化した際に、自分が苦手な部分・遅い部分を洗い出し、そこをどう伸ばしていくかを考えてみましょう。

 

イベントも、読書も、アウトプットファーストで取り組む

 

最後に、発信媒体を持っている方なら全員取り組める方法をシェアします。

それは、発信する・書く前提で物事に取り組むこと。

 

例えば、イベントであったら、

「記事にこんなこと書いたら有益だろうな」

「読者にこういう内容ならウケる」

ということを考えながら話を聞き、またtwitterにアウトプットしておく。

 

読書であったら、

「このフレーズはいいな」

「この本だったら、このメッセージは発信しておきたい」

などという風に、アウトプットファーストで考えると、記事を書くスピードが上がります。

 

ぼくも今回のイベントレポを書くということは決めておいたので、アウトプットファーストでtwitterをつぶやいていました。

 

 

ちなみに、いまここまで書き終わるのに、15分しかかかっていません。笑笑

 

他にも様々なブログに役立つお話!

記事執筆スピードを上げるというのが全体のテーマだったのですが、ほかにも有益な情報をしゃべってくださっていたので、シェアします。

 

 

 

 

るっていさんのブログ執筆術を真似して、高速でブログを書こう!

f:id:keiboudiary:20171102083507j:image

楽しそうなるっていさん

 

何かをするときには、やっぱり型にはまったり、マネをしたりするのが一番早い!

今回学んだ高速ブログ執筆術を真似して、今後アウトプットスピードを上げていきたいと思います。

 

それでは!