けいぼーのブログ

早稲田大学に通いながら、メディア運営・IT企業勤務・ハンドボール指導者として活動している筆者のブログです。

お金より時間、タイムイズマネーは嘘。バイトばっかしてたら、死ぬほど後悔した話。

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20171025085414j:plain

 

大学生ってバイトしますよね。

飲み代、普段の食費、それ以外の雑費を稼ぐために。

 

ただ、大学生がバイトに時間をかけるのは、どう考えても得策ではないなとさいきん思い始めました。

 

今回は、そんなお話。

 

お金が欲しくて、どんどんシフトを入れた

先月のスケジュール帳を見てゾッとするんですが、お金欲しさに死ぬほどバイトを入れていました。

 

最初は、「これで〜円、今月稼げたぞ〜!」となるんですが、だんだんと自分の時間が全くことに感じ始めてきました。

 

そして、常に言うようになります。

「ごめん、バイトあるわ」

 

気がついたら、口癖が「ごめん、バイト」に

いろんな人に

「ブログ書こう」

「ご飯行こう!」

とか言われたんですよね、先月。

 

だけど、ちゃんと行ったのは、1回だけ。

あとはほとんど

「ごめん、バイト

で終わらしていました。

周りの人から見れば、「あいつどんだけバイトしてんのww」って言う話ですが、ぼくはお金の方が大事だと思っていたので、あまり気になりませんでした。

 

ちなみに、ぼくの行ってるバイトは全くシフトがキツくなく、ゆるめようとおもったらゆるめられるし、キツくしようと思えば、いくらでもきつくできます。

 

なので、今回のシフト調整は完全に自己責任です。

 

大学生の1時間は1000円では取り戻せない


バイトもたしかに大事。

しかし、バイト以上に重要なものなんて、この世にたくさんある。

 

しかも、大学生は守られた存在なので、いくらでもその時間を投資して、成長することができます。

 

ただ、時間がある分、それをバイトに費やしてしまえるのも大学生時代。

意識しないと、いつの間にか自分の成長に時間を使えずに、4年間を終えてしまいます。

 

バイトも大事だけど、自分の時間を、自分のために使える時間も取ろう

自分の時間をいかに、成長する時間に回せるか。

それが大学生にとって最も重要。

 

それを学べたぶん、バイトをたくさんやったことも経験なのかなと思えました。(笑)