けいぼーのブログ

早稲田大学に通いながら、メディア運営・IT企業勤務・ハンドボール指導者として活動している筆者のブログです。

【メンズ】whitehouse cox(ホワイトハウスコックス)のキーケースがオシャレすぎて、オススメすぎる

f:id:keiboudiary:20180103190848p:plain

 

  • かっこいいキーケースが見つからなくて悩んでいる
  • どのキーケースがいいのかわからない…
  • キーケースにももっとこだわりたい!

当記事は、そんな人に向けて書いています。

 

こんにちは、けいぼーです。

今回は、whitehouse coxというブランドのキーケースをご紹介します。

 

キーケースってリュックや財布などとは違い、そこまでいろんな情報がないじゃないですか。

なので、キーケースはおろそかにされがち。

 

でも、そんなキーケースこそこだわることで、オシャレポイントがぐっと増しますよ!

いつか、あの女の子と同棲することになったら…(照)

 

そこで今回は、超かっこいいwhitehouse coxのキーケースを、おすすめな点も述べつつご紹介していこうと思います。

 

それでは、行きましょう。

 

 

whitehouse coxとは

f:id:keiboudiary:20180103191727p:plain
1875年創業以来、高品質の馬具や洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けているホワイトハウスコックス【Whitehouse Cox】。使用する代表的な革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しし、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませ、じっくりと時間をかけたものです。こうしてできた最高の素材を、経験豊かな職人が確かな伝統の技術で形にして行きます。
引用:https://www.frame.jp/whitehousecox/

 

whitehouse coxはイギリスのブランド。

キーケースの他にも、財布なども有名です。また、ファッションYoutuberのげんじさんが愛用してらっしゃるブランドです。

 

whitehouse coxのキーケースがおすすめな3つの理由

次に、whitehouse coxのキーケースがおすすめの理由を3つ説明します。 

 

高級感あふれる黒の革素材

f:id:keiboudiary:20180103191859j:plain

whitehouse coxのキーケースは、とにかく見た目に表れる高級感が魅力。

光沢ある黒の革が、キーケースの高級さを表しています。

 

また、触っても格別。

さらっとした、手に馴染む革の良さが表現されています。

 

見ても、触っても、「これ絶対いいやつじゃん…!」となる高級感が、whitehouse coxのキーケースの魅力の1つです。

 

金色に光る鮮やかなリング

f:id:keiboudiary:20180103191242j:plain

正面から見て上。

この特徴あふれる、金のリング。

かぁーっ!たまらないねー!

 

他のキーケースにはない、特徴あるドでかい金のリングが最高にオシャレ。

 

実はこれ、ただオシャレなだけじゃないんです。

引っ掛けられるリングなんです。

 

オシャレポイントとしてつけられているのではなく、機能性も兼ね備えられている…。

たまらないっすねー!

 

中のホルダーも金色でオシャレ

f:id:keiboudiary:20180103191317j:plain

whitehouse coxのキーケースは、中の鍵をかけるホルダーも金色で最高にオシャレ。

 

ふつうのキーケースだと、ここが銀色で味気ないじゃないですか。

もちろん、あれはあれで、シンプルでいいと思うんですけど。

 

whitehouse coxのキーケースのホルダーは、やはり他とは違って、高級感のある金色なんですよね。

 

全体的に高級感がある。

これが、whitehouse coxのキーケースがおすすめな理由です!

 

 

whitehouse coxのキーケースはamazonか楽天で買うべき!

さいごに、whitehouse coxのキーケースを買う場所についてお話しします。

 

結論から先に言うと、whitehouse coxのキーケースはAmazonや楽天で買ったほうがいいです。

なぜかというと、whitehouse coxのキーケースは、実店舗に足を運んだからと言って、必ずしもその商品が売っているとは限らないからです。

 

もちろん、ブランドの正規店に行けば在庫はあるのでしょうが、ブランドだけの正規店の店舗数はそこまで多いわけでもありません。

なので、時間を無駄にしないためにも、Amazon・楽天などのネット通販で、さくっと購入してしまいましょう。