【ハンドボール】シュートの決定率をあげるために意識しておきたい3つのこと

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20170904095446j:plain

 

ハンドボール指導者のけいぼーです。

今回は、ハンドボールのシュートについて書いていきます。

 

ハンドボールといえば、ダイナミックなジャンプシュートですよね。

ジャンプシュートにあこがれて、ハンドボールをはじめたかたも多いのではないでしょうか。

 

しかし、シュートが入らなくて悩んでいるという選手は意外と多いものです。

あなたもそうなのではないでしょうか?(笑)

 

そこで今回は、ハンドボールのシュートの決定率をあげるために意識しておきたい3つのことについてお教えしようと思います。

それでは、行きましょう。

 

ハンドボールでシュートの決定率をあげるために意識しておきたい3つのこと

f:id:keiboudiary:20170909104818j:plain

 

1.まずはしっかり上に飛ぶ

超基本的なことですが、ものすごく大事です。

 

ハンドボールでよくいるのが、シュートをなるべくキーパーの近くから打とうとして、前に前に飛んでしまう人。

前に飛んでキーパーに近づくというのも場面によっては有用なのですが、基本的には上に飛ぶことを意識してください。

 

前に飛んでしまうと、フリーでのシュートであるならばキーパーに距離を詰められてシュートコースをふさがれてしまいます。

また、ディフェンスが前にいるときにやると、オフェンスファールをとられて、相手ボールになってしまいます。

 

上に飛ぶメリットは、滞空時間がとにかく稼げるということです。

滞空時間が長いと、キーパーはいつ打ってくるかわからないため、シューターが売ってくる前に動いてしまう可能性が高まります。

キーパーが先に動いてしまえば、あとはキーパーが動いた方向の逆に打ってしまえばいいだけです。

 

なので、とにかく上に上に飛ぶことを意識してください。

 

2.体の向きを打ちたい方向からずらす

つぎに、シュートを打つときの体の向きについて。

 

一概に体といっても、体全体・肩の開き・腕の向き・目線などさまざまな要素があります。

それらをシュートを打ちたい方向にバカ正直に向けないことも大切です。

 

右を見ながら、右を打つフォームでシュートを打ってしまえば、当然に相手のキーパーはそのコースに飛び込んできます。

これではいつまでたってもシュートは入らないです。

 

しかし、自分が打ちたい方向の逆を打つフォームでシュートを打つと、相手キーパーは逆を打ってくると勘違いしますから、シュートが入りやすくなります。

 

 

琉球コラソンの棚原選手が解説しているシュート動画なのですが、体や目線はひっぱり(動いている方向の逆)を打つ側に向いているのにもかかわらず、

 

そのフォームを維持して手首を使って、流し(動いている方向)に打っています。

 

このように、体の向きと打ちたい方向をうまくずらしてあげることで、キーパーがだまされる確率はあがります。

 

3.シュートのタイミングをずらす

さいごは、シュートを打つタイミングをずらすというところです。

 

ハンドボールは3歩歩けます。

ただ、裏を返せば3歩しか歩けないので、3歩歩いたら相手は「シュートが来る!」と警戒して、守りの体制に入ります。

シュートが来るとわかっている状態で、シュートを打たれたところで、守りやすいのは当然ですよね。

 

そこで、1歩目や2歩目でシュートを打ってしまい、相手がシュートが来ないと思っているときにシュートを打ってしまうということを意識してみてください。

 

以下に参考動画をあげておきます。

 

 

昨年のオリンピックで優勝したデンマーク代表のミケル・ハンセン選手のシュート集です。

 

球が速いのもそうですが、とにかくシュートを打つまでが尋常じゃなく早いので、相手キーパーはいつシュートが来るかわからないのです。

 

究めつけは、ステップシュートに行くまでの速さ。

 

 

着地したあと、次の1歩で一気に腕を後ろに引き、そのままシュートにもっていく。

腕を引いた後にすぐに打ってくる、またシュートに行くまでの速さも尋常じゃなくはやいので、相手キーパーはタイミングがわからず、止められないです。

 

ただ、もし3歩踏んでしまった場合。

もちろん3歩まで使っていいなら、3歩使うときだってありますよね。

そういった際は、とにかく滞空時間を長くすること。

 

こちらの動画は宮崎大輔選手のシュートなのですが、滞空時間をしっかりとって打っているので、相手はいつシュートに来るかわからないのです。

 

シュートを決めるためには、とにかくキーパーが悩むようにタイミングをずらしてあげるということが大事です。

 

以上、「ハンドボールでシュートの決定率をあげるために意識しておきたい3つのこと」でした。

 

それでは!

 

 

この記事を読んだあなたにおすすめ

ハンドボールのおすすめの室内・屋外シューズ21選【現役コーチが徹底解説!】 - けいぼーのブログ