読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験の9割は親のエゴ。中学受験組が中学受験に反対する理由を書くよ。

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20161130180738j:plain

 

こんにちは!中学受験組ブロガーけいぼーです。

 

今回は、中学受験について書いていこうと思います。

 

タイトルにもある通り、ぼくは中学受験には反対です。

ぼく自身も中学受験をしましたが、今となってはめちゃくちゃ後悔しています。

 

では、なぜぼくが中学受験に反対なのかその理由について書いていきたいと思います。

 

それでは行きましょう。

 

 

前提:中学受験の9割は親のエゴ。

まずは、根本にある理由に関して書いていきたいと思います。

 

タイトルにもあるように、ぼくは中学受験の9割は親のエゴに起因するものだと考えています。

すべてと書かないのは、自ら目標を持ち、その目標に向かっての過程として中学受験をする子供などもまれにいるからです。

 

大人のみなさんと同じであったように、小学生の段階で勉強が好きだという生徒はとてもすくないです。

そして、小学生の段階で勉強の楽しさ・必要性を感じる子供も同様に少ないのです。

勉強が好きでない子供が、自ら中学受験を望むとは到底思えません。

 

中学受験をする子供のほとんどが、

 

「両親に塾に行けと言われた。」

「親に中学受験をしなさいと言われた。」

 

というのが現状です。

 

たしかに、子供のことを思ってその選択をするのも十分にわかります。

私立の中高一貫校は大学の合格実績なども公立よりも、いい結果を出しているのも事実ですから。

 

しかし、小学生のうちに受験に必要な勉強法やどういう学校に行ったほうが良いのかなどを正しく理解し、また中学受験でいい学校に行くことによるメリットを感じることのできる子供はかなり少ないです。

 

自ら中学受験のメリットを知るというよりも、親に言われてなんとなくメリットを感じるからという子供が非常に多いのです。

 

1.小学生という早期段階での失敗が、子供が自信を失うきっかけになる

これがぼくが中学受験に反対する最大の理由です。

そして、ぼくも中学受験に失敗して、その当時は周りの人々に落ちたというレッテルを貼られ自信を無くしていました。

 

小学生の頃に失敗体験をして自信を無くしてしまうと、まだまだ大きな可能性を自らの手で小さくしてしまいます。

 

ぼくの通っていた中学は基本的に第一志望で入るような子が少なかったので、このパターンに当てはまる子が多かったです。

 

勉強関係だと、「俺にあそこの大学は無理でしょ。」

部活関係だと、「1勝できるかな…」

 

ということばが頻繁に飛び交ってました。

 

そして、落ちていくような中学の先生方も第一志望の子が少ないという現状を分かっているので、

「お前には無理だよ」などの言葉を平気で使う、ものすごい現実主義者が多いです。

中学受験で敗して行くような学校は、環境もよくありません。

 

ぼくは下の記事にある通り、子供の親・教師はこどもの夢を応援するべきだと考えています。

www.keibou7.com

 

 

しかし、中学受験に失敗すると、周りの大人も同じように中学受験に失敗したことによって、子供の可能性に見限りをつけます。

そうして子供は自らの可能性を自らの手で小さくして、そのまま生きていきます。

 

そんなのもったいなすぎます。

子供が中学受験の失敗経験で自信を無くし、自らの可能性を閉じ、夢・目標を持たない子供にならないためにも、子供の中学受験についてもう少し考えてみてください。

 

2.勉強嫌いが加速する

中学受験に向かって勉強している子供の大半は、勉強を受動的にやらされています。

勉強を自らしているという意識は、中学受験生の中にはほとんどないでしょう。 

 

みなさんも、人に「やらされる」ことっていやじゃないですか?

人に何かをやらされて嫌な思いをするのは、子供も同じです。

 

中学受験をすると、子供のなかで「勉強=やらされるもの」という認識となり、子供の勉強嫌いが加速され、ますます勉強しなくなります。

 

中学受験を「させる」親は、子供に勉強してもらいたいと考えていると思います。

しかし、子供に中学受験を無理やりやらせると、勉強嫌いになり、最悪の場合ドロップアウトする子供もいます。

私立の中学出身の方なら常識ですが、私立中学に入学した子供が全員そろって卒業するなんてまずありえません。

必ずドロップアウトする子供も出てきます。

 

子供のこれからを思い、子供に勉強してもらいたいと考えているなら、なおのこと中学受験を無理にやらせるのではなく、勉強を好きになってもらえるようなきっかけ作りに励んだほうがいいです。

 

3.自分の意志・考えを持たなくなる

先ほども述べましたが、多くの場合中学受験は親にやらされているケースが大半です。

 

中学受験をする際に、自分の頭で考えていないがために、

中学受験をした子供は、親など周りの大人が言ったことがすべて正解などといった思考停止に陥る可能性が高いです。

 

レールに乗せたい親の言う通りに育つといえばその通りですが、こういう子供は自らの選択に責任を持たない子供も非常に多いです。

 

「あいつが言ってたから」

「お父さん・お母さんが言ってたから」

などと、自らの責任を放棄する子供になってしまうことになります。

 

自分の人生に自ら責任をもって生きていけるように子供を育てるためにも、もう一度考えてもらいたいです。

 

しかし、ぼくは中学受験を全面否定しているわけではない

ここまで反対理由を書いてきましたが、ぼくは中学受験を全面的に否定しているわけではないです。

 

中学受験をきっかけにして成功体験をつかみ、夢・目標を持ち、その責任を自らの手で取る子どももいます。(御三家のこどもはほぼここに属す。)

こういったところから、一概に中学受験を否定することもできないのです、

 

なので、次回の記事では中学受験に向いている子どもについて書いていきたいと思います。早い段階で成功体験をつかみ、夢や目標に向かって邁進できる子・環境には特徴

があると僕は考えているからです。

 

長くなりましたが、今回はここまで。

それでは!