けいぼーのブログ

早稲田大学に通いながら、メディア運営・IT企業勤務・ハンドボール指導者として活動している筆者のブログです。

セルフレジの普及で、確実に来ている「キャッシュレス」の世界。

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20171017121816j:image

この間、びっくりしました。

 

何がびっくりしたかというと、ふらっと入ったガストに、なんと「セルフレジ」があったのです。

今までセルフレジと言えば、コンビニ・newdays・TSUTAYAくらいしか思い浮かばなかったので、まあびっくり。

 

しかもファミレスって本来ならレジが1個しかないので、今までものすごく不便さを感じてたんですよね。

 

もちろん、セルフレジでお会計を済ませました。

加えて、このセルフレジ、現金が使えないのです。

 

セルフレジ導入で確実に来ている「キャッシュレス」の世界

 f:id:keiboudiary:20171017122257j:image

 

日本はキャッシュレスが遅れていると言われています。

居酒屋でも、カードが使えないお店が多く、基本的に現金を持ち歩いていないとものすごく不便です。

 

現金で持ち歩くメリットってあまりないんですよね。

割り勘だって、カードを介してできるアプリが続々増えているのに。

 

そんな中で、こういうセルフレジのように、カードが使えないのではなく、むしろ現金が使えないものが増えてくると、確実にキャッシュレスの方が、時間的にも持ち歩くものの多さ的にも得をする流れが来ているのです。

 

ちなみに、TSUTAYAはセルフレジが4個くらいあります。

現金は使えるのですが、カードも全般ok。

 

セルフレジだとスキミングの心配もないので、便利な世の中になる流れは確実に来ているようです。

 

カード利用料をケチってる方が、店は客を取り込めなくなる

カードの支払いを店が許可すると、店はいくらかカード会社にカード利用料を支払わなければならないんです。

だから、そこをケチってる店も多い。

 

しかし、ホリエモンさんのように、IT企業系の人たちは、便利なものをフル活用しているため、現金を持ち歩かない・現金支払いをしないという人がものすごく多いです。

 

そして、今そういう人がものすごく増えています。

 

現金を持たない人が増えると、現金支払いしかできない店は、見込み客の絶対数を減らすことになります。

 

そうすると、店が損するのは自明ですよね。