【英語】受験生は、英単語帳を一つに絞るべき3つの理由

こんにちは!早稲田生ブロガーけいぼーです。

 
今回は、英単語集について書いていきたいと思います。
英単語集はいいものがたくさん出版されています。いろいろな出版社さんが、時間をかけて載せる単語を厳選して、英単語集を出版しています。以前、その中からのオススメを厳選した記事を書きました。
 
しかし、いい英単語集はたくさんありますが、何冊も手を出すのは絶対ダメです。英単語集は1冊を極めるべきです。
そこで今回は、英単語集を1冊を極めるべきである理由を書いていきます。
 
それでは、行きましょう。
 

 

必要な英単語は1冊でまかなえる

そもそも、英単語集ってどういう過程で作られてるか知っていますか?英単語集は、大学受験のプロが、大学受験に必要な英単語を厳選して、出版しています。なので、その英単語集1冊で、大学受験に必要な英単語はまかなえるのです。
 
それなのにもかかわらず、何冊もやる必要があると思いますか?プロが必要な単語だけを選んでるんですよ?
ひどい勉強法サイトだと、「英単語集は何冊もやらなきゃダメだ!」みたいなことが書いてあります。そういった方は、英単語集1冊を完璧にする労力とそれによって得られる効果をおそらく知らないのでしょう。英単語集を何冊もやるなんて、1年では絶対不可能です。1冊やって、そのあとは英語の他の勉強をして行く中で知らなかった単語を取り込むほうが圧倒的に効率がいいです。
 

記憶がばらつく

英単語集を何冊もやると、記憶がばらつくのも問題です。
たとえば、improveの意味が「〜を向上させる」と載せている英単語集と「改善する」と載せている英単語集があるとすると、その2つの英単語集をやってしまうと、記憶がばらついて定着しづらくなってしまいます。
 
英単語を覚えることはただでさえ難しいのに、無駄な労力をかけて、記憶の定着も無下にしてしまうのは非常に無駄なことです。英単語の記憶の定着を図るためにも、英単語集は1冊だけを極めましょう。
 

全部中途半端になる

英単語集を何冊もやろうとすると、全部中途半端になります。これは確実です。
 
くりかしますが、英単語集を1冊を極めること自体がものすごく時間がかかり、難しいものです。それなのにもかかわらず、英単語集を何冊もやるなんて全部中途半端になり、時間対効果が悪すぎます。英単語集を何冊もやると決めたら、本当に必要な単語を覚えることができなくなってしまいます。
 
なので、英単語集は1冊だけを極めましょう。
 
それでは!