けいぼーのブログ

早稲田大学に通いながら、メディア運営・IT企業勤務・ハンドボール指導者として活動している筆者のブログです。

受験生は志望大学のオープンキャンパスより行くべき場所がある!

こんにちは!早稲田生ブロガーけい坊です。

 
受験生のみなさんの中には、第一志望のオープンキャンパスに足を運ぶ方も多いのではないのでしょうか?
 
あくまでぼくの意見ですが、ぼくはオープンキャンパスに行くことはあまりおすすめしません。そして、オープンキャンパスよりももっとおすすめの場所があります。
 
そこで今回は、
1.オープンキャンパスをオススメできない理由
2.オープンキャンパスよりオススメの場所
について書いていきたいと思います。
 
それでは、行きましょう。

 

オープンキャンパスをオススメできない理由

1.人が多すぎる

オープンキャンパスはもちろんのこと、たくさんの高校生(中学生)が来ます。
なので、基本的には人でごった返しています。
 
人が多い弊害はまず、快適でないこと。
これは説明するまでもないと思います。
満員電車などと同じ原理ですからね。
 
人が多い最大の弊害は、自分の行きたい学部の校舎や行きたい場所に行けない可能性が十分にあり得るということです。
せっかく時間を割いてまで足を運んだオープンキャンパスであるのに、自分の行きたい場所に行けないなんてもったいなすぎますよね?
 
「じゃあ、いつ行くんだよ!」
って言う疑問はあとでちゃんと解説します笑
 
人が多いオープンキャンパスには、わざわざ行かないようにしましょう。
 

2.本当の大学生活を見れない

 
お前何言ってんのって思うかもしれませんね(笑)
 
どういうことかというと、オープンキャンパスは大学の本来の姿ではなく、大学のオープンキャンパスという名の宣伝活動なのです。
 
だから基本的にオープンキャンパスというのは、普段の大学生活ではありえないほど大学が綺麗に整備されているし、(まだ真面目である)
高校生が興味を持つような授業が面白く展開されています。
 
自分の行きたい大学の本当の姿を知るという意味でも、オープンキャンパスはあまりおすすめできません。
 
では次に、オープンキャンパスよりもオススメの行くべき場所をお教えしたいと思います。
 

オープンキャンパスより行くべき場所とは、つまり普段の大学!

オープンキャンパスよりも行くべき場所というのは、ずばり普段の大学です。
 
入れるの?と思われるかもしれませんが、授業などでなければ基本的に入れます。
食堂にはよく身分がわからない人がいます。笑
 
では、普段の大学に行くメリットをお教えしようと思います。
 

1.オープンキャンパスよりも人が少ないので、まわりたい場所をまわれる

オープンキャンパスの場合は、基本的に中高生でごった返しています。
先ほど、デメリットとしてお伝えしました。
 
しかし、普段の大学は基本的に大学生しかいません。なので、自分の気になっている場所に足を運ぶのは極めて容易になります。
 

2.大学の特色をしれます。

それに、オープンキャンパスとは違い、その大学の本来の特色を見ることができます。
 
それぞれの大学には特色があるのに、オープンキャンパスに行くと、その特色が埋もれてしまっています。なので、大学に入って「これは違うな…」となる可能性もあるのです。
 
大学の本来の特色を知るためにも、普段の大学に足を運んでみましょう。
 

3.実際の大学の楽しさを知れる

大学生活というのは、とても楽しいです。
受験生はもちろんその楽しさを期待して、受験勉強を頑張っていると思います。
 
しかし、目標というのは具体的イメージを持つことによって、もっと効果的に自分のモチベーションupにつながっていきます。
なので、実際の大学に行くことで、大学という場所・大学にいる人々の生き生きした姿を目の前にすることで、自分の目標としている大学へ行きたいという気持ちがなお一層強くなります。
 
大学生を見ることで、自分の大学生活がより鮮明にイメージできるようになる点においてもとてもオススメです。
 
以上より、オープンキャンパスよりも実際の大学に行くことをオススメします。
 
それでは!