筋トレ、有酸素運動の正しい順番は?

【スポンサーリンク】

f:id:keiboudiary:20161215204405j:image

 

こんにちは、絶賛ダイエット中のけい坊です。
今回はすこしダイエット系の記事。
 
ぼくはダイエット方法として、筋トレと有酸素運動を行っているのですが、どういった順番でやったらいいのかということに気をつけて行っています。
 
今回は筋トレと有酸素運動の順番がもたらすものについて書いていきたいと思います。
 
それでは、行きましょう。
 

ダイエット目的なら筋トレ→有酸素運動

ダイエット目的であるならば、筋トレを先にやってから有酸素運動をやりましょう。
 
ダイエットの目的というのは、不要な脂肪を落とすことですよね。
 
実は人間のからだはエネルギーとしてまず糖分を使います。
そして、糖分が切れると脂肪燃焼に変わります。
 
筋トレをすると糖分を消費してくれます。なので、その後に有酸素運動を行うと脂肪燃焼が効率よく行えるのです。
 
さらには、筋トレを行うことによって体内に成長ホルモンが分泌されます。
その成長ホルモンが血糖値を上げてくれることによって、体脂肪の燃焼効率を良くしてくれることがわかっています。
 
それに加えて、筋トレをすると代謝が上がります。筋トレをしたあとの代謝が上がっている時間をゴールデンタイムといい、脂肪燃焼に最適なタイミングになります
 
このように、筋トレ→有酸素運動をやるととても脂肪燃焼にいいとされてるので、ダイエット目的であるなら筋トレ→有酸素運動の順番で行った方が良いです。
 
ただ、この時息が上がるような激しいジョギングなどをしてしまうと、ジョギングが有酸素運動ではなく無酸素運動に変わってしまい、脂肪燃焼の効率が落ちてしまいます。
息が上がらない程度のスピードで負荷をかけ、有酸素運動のジョギングをしましょう。
 
では、次に有酸素運動→筋トレの順番でやった際の効果について書いていきたいと思います。
 

有酸素運動→筋トレってどうなの?

ダイエット目的であるなら、筋トレ→有酸素運動と書きましたが、有酸素運動→筋トレというのはそもそもおすすめできないです。
 
筋トレをする方には、
・太ってるから痩せるため
・痩せているから、大きくなるため
の2種類いるとおもいます。
 
有酸素運動は太ってるから痩せる人にとっては脂肪燃焼ができるのでいい影響をもたらします。
 
しかし、痩せているから大きくなるために筋トレをする人にとっては、そもそも有酸素運動をすることがあまりいい影響をもたらすとは言えないです。なぜなら、有酸素運動は筋肉を分解するからです。
痩せている人は筋肥大を目的としているのに、有酸素運動をすることによって筋肉が分解されてしまったら意味がないですよね。
 
なので、痩せている人が筋トレをするときには、そこに有酸素運動を加えることはやめておいたほうがいいでしょう。
 
では、今回はここまで。
それでは!